COMOLI シルクネル スキッパーシャツ 購入レビュー【2022SS】

COMOLI(コモリ) シルクネル スキッパーシャツ

COMOLIの良作、シルクネルスキッパーシャツ。
今更になりますが、購入していたのでレビュー記事になります。

時期的には夏は着れないし、そもそも既に入手難だと思うので本当に今更ですが・・ 来季(2022AW)同生地のアイテムが出るとも言われてますので、素材感や経年変化の参考になればと思います。

目次

COMOLI シルクネル スキッパーシャツ

COMOLI(コモリ) シルクネル スキッパーシャツ
COMOLI(コモリ) シルクネル スキッパーシャツ

シルクネル生地のスキッパーシャツ。
ボタンの無い、首元の開きが特徴的なプルオーバーシャツ型で、以前にも同型のリリースはあったと思いますが、今期は小森さんが着用していたこともあってか、割と注目アイテムでしたね。

そのせいか比較的入手難だったようで、かなり早いペースで完売していた気がします。私はかろうじてマイサイズのサイズ2を購入することが出来ました。

本当は気に入ったら組下の シルクネルドローストリングパンツ も欲しいなと思ってたんですが、むしろパンツの方が動きが早かったようで全然無理でした・・・

サイズ感についてはいつものサイズで問題ないとは思いますが、比較的大き目の作りにはなっているので、ワンサイズ下げという選択肢もありだとは思います。 ちなみに、洗濯後の縮みはあまり感じません。

2022SS シルクネルの生地感

シルクネルの生地感についても触れておきたいと思います。

まず個人的な感想になりますが、今期のシルクネル非常に良い。
春夏物ということもあって、生地はかなり薄手で手触りもしなやか。ネル特有のネップ感もありません。

同じ「シルクネル」という名称なので比較されがちですが、前期(21AW)のシルクネルとは別物。
21AWのは製品染めと洗い加工で着古し感を意図的に出しているものなので、そもそものアプローチが違いすぎますよね。

なぜか比較されていたりするケースが目立ちますが、別物としてそれぞれ良い。
私も前期のシルクネル、シャツとパンツを所有してますが、かなりのお気に入りです。

そして、まだ見てもいないですが、来期(22AW)も買うと思います。

シルクネル スキッパーシャツの経年変化について

さて、そんなシルクネル スキッパーシャツですが、かなり気に入ったので購入以来、結構着ています。もちろん着用する度に洗濯もしてますので、洗濯回数もそれなりに。

恐らく、この手のデリケートっぽい生地のアイテムだとクリーニングに出しているという方も多いと思いますが、私はコモリに関しては基本的に洗濯機で洗ってしまうことにしているので、洗濯に不安がある方のご参考になればと思います。

 

以下、現在の写真になります。

洗濯回数:10回くらい?
裏返してネットに入れ、おしゃれ着(ドライ)コース にて。

COMOLI(コモリ) シルクネル スキッパーシャツ
COMOLI(コモリ) シルクネル スキッパーシャツ

現状こんな感じです。
ぱっと見はあまり変化ないようにも思いますが、よくよく見ると細かな毛羽立ちが目立ってきてます。

※ちなみに、洗濯後はシワがそれなりに入るのでスチームアイロンかけています。

 

そして・・

COMOLI(コモリ) シルクネル スキッパーシャツ

これは左脇下~背中にかけての部分のアップなんですが、ここだけ集中的にネップが・・
理由はトートバッグ。 キャンバス地のトートを左肩にかけていることが多いのですが、露骨にバッグが擦れてるであろう箇所だけ生地にダメージが、ということでしょうね。

まぁこれはあるあるなので今に始まった話ではないのですが、デリケート目な素材とバッグは相性が悪いですよね。ニットとかを着る時期は上にアウターを着てることが多いと思うので気付きにくいですが、春や秋は直接バッグに触れるので注意ですね。

シルクネル着る時は別のバッグにした方が良いかな、とも思いましたが 結局やめました。 リュックにしたところで肩や背中が痛むでしょうし、 手持ちブリーフケースとかにするしかないのですからね・・

とりあえず、たまに右肩で持ったりしてせめて左右均等にしようと思います。

 

ところで、最後の写真のネップ具合、21AWのシルクネルをちょっと彷彿とさせますよね。
これってこのまま着古い続けたら最終的に同じ感じになるんですかねー?
それはそれで楽しみなので引き続き、着用・洗濯を繰り返していきたいと思います。

薄手なので夏前までは着れそうですが、せいぜい気温25度くらいまでかな、という感じではあるのでぼちぼち着納めでしょうかね。 梅雨時期の少し肌寒い日なんかには丁度良いので気候次第ですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次