ワイルドスワンズ PALM & TONGUE 2ヶ月使用

この記事の所要時間: 234

ワイルドスワンズ PALM TONGUE 2ヵ月後
WILDSWANS Palm & Tongue 2ヶ月使用

PALMTONGUE が使用開始から2ヶ月ほど経ったので経過を。

購入はパームの方が少し早かったんですが、パームはコードバンなので丁寧に扱ってみようということで、実は1ヶ月ほど慣らし?のようなことをしていました。

具体的には中には何も入れずにただただ毎日鞄に入れて持ち歩く。 たまになんとなくポケットに入れてみたり、乾拭きしてみたり。 クリームは最初に1度だけ。

ほんとは1週間ほど様子を見たらもう本格的に使用開始する予定だったんですが、コードバンが美しすぎて踏み切れず、だらだらと1ヶ月も経ってしまったという。笑

なので実質、使用開始はタングとほぼ同時くらいだったと思います。
そこから2ヶ月くらいが写真の状態になります。

ワイルドスワンズ PALM 2ヵ月後
WILDSWANS Palm 2ヶ月使用

パームはこんな感じに。
まだまだですが、明らかに艶が上がってきました。

個体差・ロットの差もあると思いますが、私のはオールデンのように最初からテカテカではなく、マットな感じ だったので最初「?」と思ってましたが、使い始めたら徐々にテカテカに。

手で触るとすぐ曇ってしまうんですが、しばらくポケットに入れて歩いてるといつの間にかまたテカテカになってる感じです。 はっきり言って楽しくて仕方がない・・・

が、やっぱり淡色のコードバンはデリケートですね。
軽くシュッっとなっただけで露骨に小傷が付きます。 鞄やポケットから取り出す時もちょっと爪が掛かっただけで傷に。

まぁそれが特性と言いますか、丹念にブラッシングしてやれば小傷はほぼ気付かないくらいに目立たなくなるので気にすることもないんですが、ちょっと強めについた傷はどうしても少し残ってしまいますね。

まぁそのうちどうでも良くなるでしょうけど・・・。

ちなみに、画像で濃く見える部分は汚れではなくて最初からある色ムラです。
だんだん目立ってきたような、そうでもないような?

最初はハズレ固体かな?とも思ってましたが、たまたま見かけた同商品の別固体(違うショップの別注物だったので生産時期は違うハズ)も似たような色ムラになっていたので、まぁこんなもんかなと思うことにしました。

(ちょうど札入れ部分のアタリが出る箇所にも重なるので、その辺ももしかしたら関係してる!?)

ワイルドスワンズ TONGUE 2ヵ月後
WILDSWANS Tongue 2ヶ月使用

続いてTONGUE。

特筆すべきことはありませんが、やっぱりミネルバはエイジング早いですね。
サドルやコードバンと比べるとだいぶ柔らかいのではじめから馴染みもよく、最初の1週間くらいでほぼ今と変わらないくらいの見た目になっていた気がします。

そしてこちらはかなり傷に強いですね。
もちろん付くには付くんですが、軽く揉み込むとすぐに目立たなくなります。 シボに紛れて本当に分からなくなるくらいに。 まぁ深い傷はまだ付いたことがないので分かりませんが、かなりラフに扱っても大丈夫そうですね。

で、ぼちぼち夏になってきたのでコードバンはそろそろ限界ですね。
しばし冬眠してもらう予定です。

今までは晴れの日やデニムじゃない日はパーム、それ以外や硬い生地のパンツの日はタングという感じで使い分けてきましたが(もちろんかなり面倒でした・・)、しばらくはタング1つでの運用ですかね。

でも実はちょっと悩んでいます・・

タングを使っていてパームに乗り換えた人なんかは分かると思いますが、一度パーム使ってしまうとタングでの札の取り回しがすごく億劫になってしまうんですよね。

正直、パーム2つにすれば良かったかなとか思ったり。
まぁ、タングは安いし革のバリエーション的な魅力もあって選んだのでなんとも言えないところですけどね。

沼は深い・・・・・・・・・・

  • LINEで送る

コメントを残す

*