patagonia R1エア・クルー(MULB)

patagonia R1エアクルー
この記事は約3分で読めます。

ふいにコモリ以外のネタを投稿してみる。
パタゴニアのフリース、R1 エアクルーについて。

こちらは昨年新たにリリースされたもので、私も試しに1着購入していました。
なのでそのレビューなどを。

 

そもそもR1エア・クルーって何?という話ですが、いくつかあるR1シリーズの中でも軽さと通気性に重きを置いた生地で作られたやつ、それのクルーネック版って感じでしょうか。 まぁ簡単にいうと、軽くて薄いフリースです。

人気だったのか数が少なかったのか、リリースのタイミングが変だったからなのかは分かりませんが、割と入手難だった記憶があります。 確か公式サイトで購入しました。

 

以下の写真は先日撮影したものですが、1年というか1シーズン着用したものになります。

 

カラーは MULB(Mulch Brown)という黄色っぽい色。
ブラウン表記ではありますが茶色味はあまりなく、カラシ色というのが一番近い表現なのではと思います。 恐らく一番推されていた色というのもあってか、一番イメージが湧いたこの色をあまり迷わず購入した気がします。

サイズはなんと L をセレクト。
patagoniaでL以上を購入したのは初めてかも。 もともとあまり大きな作りの製品ではないと思いますが、公式では 185cmのモデルがMを着ているので、通常ならMサイズ以下が適性かと(Sも着れるとは思いますが、ピチりそう)。 なのでワンサイズアップというところでしょうか。

あ、もちろんテクニカルな用途で使用することは想定していません。 あくまでファッション的なサイズ選びというところで、ご了承ください。 というか 部屋着か、所謂ワンマイルウェアとしての着用を想定。

 

で、結果は L で大正解。
程よいリラックス感のある理想的なサイズでした。 それもあってか、去年は結構ヘビロテした気がします。 気が付けば優先的に着てしまっていた感じでした。

同じくpatagoniaで「ロス・ガトス・クルー」という、これまたクルーネックのフリース製品があってそちらも持ってるんですが、そっちはあまり着なくなってしまいましたね・・ まぁロスガトスはふわふわのフリースなので用途が違うといいますか、かなり暖かいので、着なくなったのは単に暖冬のせいかもしれませんけど。

 

 

生地感は少し特徴的。 柄?というか織?
カメラ泣かせのジグザグ織りのせいで、色がうまく撮れませんでしたが、どちらかというと2枚目の方が現物に近い気がします。

 

で、何が言いたかったかと言いますと、R1エアクルーかなり気に入ったので 今期ブラックも買い足そうかなと思っていたんですが、時すでに遅しでした、という話。

COMOLIに溺れていた隙に販売されて、既にブラックは売り切れてしまった模様・・ まぁ昨年好評だったっぽいので今期狙ってた人も多かったでしょうね。 油断しました。 まぁ、公式サイトでは売り切れてますが、探せばどっかにはあるかもなので少し探してみますかね。

 

という布石。

コメント

タイトルとURLをコピーしました